菊男日記

「冷し中華はじめました」ばりの軽いノリで始めてみました。日々のあらゆる出来事をマクロ的ミクロ的視点で、つらつらと書き綴るブログです。おそらく更新は 適当かと思われます。更新したり、しなかったり。 どうぞみなさま、お暇でしたらコメントをお寄せください。みなさまがハピネスでありますように。

ベルリナー!!

少し早いけど、、、

PM10時30分、食事を終え、ホテルの部屋に戻り、明朝、帰国の途につきます。。

なんでしょうかね。。
精力的に活動するせいなのか、お正月の時もそうだったけど、最後の方は体力が持たないで、少しだけホテルの部屋に籠る時間ができるんですよね〜〜。

今回のベルリンは予想以上にかなり、街の至る所を動き回り、土地勘、そしてまるでもう住み始めたかのように、昼夜を問わず、電車やバスなど特に迷うことなく動き回る事ができました。。

実はホテルではタバコを吸いながら、二人の旅行者とも話をしたりしました。。笑

なんだかよくわかんないけど、知らない間に簡単な英語もわかるようになってんのか、そうじゃないのか。。

ホントにベルリンは言うなれば、カオスな街。

古いものと新しいものが均衡を保って存在して、僕を含めたいろいろな人種の人間が混在していて、そこまで差別感情を感じる事はありませんでした。。

至る所で建設工事が沢山行われていましたので、もしかしたら10年後にはパリやミラノを抜き、まるでニューヨークのように、自由を求めて来訪するビッグシティーになるのではないかと感じました。

その時、過去にあった出来事や文化はいったいどの様に需要されつづけるのでしょうかね。。

とにかくカオスティックなベルリンの街のパワーに圧倒され、元来の自分が持つ日本人気質を否定できずにいます。。

今はベルリンの雰囲気に馴染もうとしている自分がいますが、日本に戻ったら何を思うのでしょうかね。。

果たして、またベルリンに来ることがあるのでしょうか、、、ないのでしょうか、、、

とりあえず、帰国します!!










東ドイツ時代の骨董品屋さん!!

今日はミヒェルベルガーホテルから徒歩で5分のところにある東ドイツ時代の骨董品屋さんに行きました。。

大体、蚤の市は土日に行われるし、、
今や、なかなか東ドイツ時代の物を売ってるお店なんて見つからないんですよ。。

住宅街の中にある素敵なお店でお歳を召したとても品のあるおばさまが1人で鼻唄を口ずさみながらやっていました。。

お話をいろいろしたかったのですが、、
やはり、、、この年代の方々は英語が喋れない。。。

というより、、推測ですが、、東西統一の前の東側の出身の方なんではないでしょうか。。。

しかしながら、頑張ってコミニュケーションを取りながら、、

mitropaという、DDR時代の国営企業の
カップ&ソーサーを2客買いました。。。

とても気を使って、刻印がちゃんとしてるカップを一緒に選んでくれて、、

お渡しした50ユーロのお札を光に透かして一瞬、確認した姿が、あっ。。なるほど。。と、、そういことなんです。。

凄く素敵な方々でした。。

旧東ドイツを感じる目的を少し果たせたような気がします。。

これはなんか凄い貴重な体験な気がしてます。。。

しかしながら、、お財布に現金が。。。
帰りの飛行機までもってほしい。。




最先端のヒップなホテル!!

次のホテルに移動してます。

イーストサイドギャラリーがある駅の近くのミヒェルベルガーホテル。

とにかくなんかヒップで働いてるスタッフもめちゃめちゃフレンドリー。

1階にあるエントランススペースはカフェになっていて、夜はバーにもなります。

とにかくHPからホテル自体のインテリアからオリジナルグッズからベルリンの若者文化の今を感じます。。

しかしながら、マジで日本人がいない。。。



記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ