菊男日記

「冷し中華はじめました」ばりの軽いノリで始めてみました。日々のあらゆる出来事をマクロ的ミクロ的視点で、つらつらと書き綴るブログです。おそらく更新は 適当かと思われます。更新したり、しなかったり。 どうぞみなさま、お暇でしたらコメントをお寄せください。みなさまがハピネスでありますように。

夢のような時間!!

みなさんこんばんは。菊男です。

なんなんでしょうこの気持ち。

死んでいたのに生きている。

おかげさまで無事帰国し、いつもの仕事を始めました。
3泊5日の弾丸旅行でした。
まるで、、、深夜に深い眠りについて夢を見た、そんな3日間なのだったのかも。



何か、今までにない感覚や感情を手にする為に旅だったはずの5日間でしたが、
もはや何故なのか一生懸命、脳の中の記憶をなんとか思い出そうとしても、そんなに決定的な感情が見つからないのです。。

2007年にインドへ旅した経験は全く持って以前以後では人生に対する感覚を大きく変える経験でした。

社会に対する感覚の尺度が変わり、今までに身につけた固定概念が大きく変わるターニングポイントになりました。

今回の旅も、旅立つ直前までは異常なまでのセンチメンタルな感情にかられ、ベルリンという街が持つ複雑な長い歴史や独特な空気感が自分の人生に対する感覚を大きく変えると思っていたけれど、
夢中で歩いた3日間、走り去った3日間になりました。
ただただ、前を見て、ただ一人、街を陽が沈むまで歩いて、喉が渇き、煙を吸い、疲れ果て、歩くのをやめ、深い眠りにつき、時間を気にせず食事をして、言語が通じない相手に夢中で要求を伝え、
ただただ、広い世界で生きる、見たことのない風景や、出会ったことがない人種に触れた5日間でした。。

今までの人生において、沈む夕陽がこんなに美しいと思ったことはないし、曇った空が上空を包んでいることが自然と思えたし、小さい雪の粒が街に細かく舞い始めた瞬間も、なかなか明けない朝の夜明けや、目覚めて窓を覗くとパラパラと降る雨も、、

すべては世界なんだと思えたし、

笑顔で迎えてくれるバスの運転手の人や、
ホームに入ってくる地下鉄の音、

三つ編みを数多く束ねた黒人の女性や、
自分より異常なほど、背の高い金髪の、自分の前を早足で歩く楽しそうに会話しながら何処かに向かう2人の女性や、
頭に布を被せて、こちらをチラチラ見つめてくる女性や、
皆それぞれこの街で何か見て、何かを我慢し、何かを追い、生きているのだ、。

自分らしくあること。

いろいろな歴史があり、いろいろな文化があって、いろいろな感情があるのだろうきっと、。

街は人を根本的に変えるわけではないし、大切なのは自分自身を見つめ、歩くのをやめないこと、。

コーヒーの味は変わらないし、タバコの匂いもその街で、変わる事はない。

そんなただただ前を向いた5日間でした。。

ベルリンに関していえば、観光したかった大部分に行くことができませんでしたが、街は自分を拒絶しなかったのかなと感じています。

おそらくですが、今年はもう一度ベルリンに行くのであろうと思っています。。

今度は何かしらの感情をあの街に残す為に。

これからの人生に必要な何かを引っ掛ける為にまた旅をしたいなと思っています。
 
取り急ぎ、こんな感情に今はなっています。

今までの人生で起こった事、過ぎ去った脳みそにこびりついている濁っていると思っていた、グレーなそれぞれの記憶の断片すら、記憶のどれだけの部分かはわかりませんが、とてもキラキラとした記憶に変わり、なぜだか人生が一瞬で過ぎ去り、今この場に立っているというような感情になっています。

もはやこれからの人生の一つ一つを忘れないようにしっかりと記憶に刻み込む為に、日々の中で起こる事をゆっくりと見つめ、感じて、早送りする事がないように、目を逸らさないように大切に過ごさないといけないなと感じています。

きっと人生には限りがあるだろうし、

 自分が思っているよりはあっという間に歳を重ねているだろうし、

日々をニュートラルな感情で過ごすチカラを身につけなければいけないと感じました。。

こんな感情で始まる2017年ですが、またこれからの1年、今年の12月31日は、さて、どんな気持ちで日々を生きているのでしょうか。。
 
こんな感情を今年の新年の年頭所感として残しておきます。

皆に対する感謝の気持ちを持って。
 





帰国日ドタバタ劇!!

スカンジナビア航空の帰りの便は、初めてマシンを使った、オンラインチェックインでした。

早く着いていたので座席をある程度選べるのかなって思ってたんだけど、ガーってシートを選ぶ画面なんか出て来なくて、荷物のタグも勝手に出て来て、自分で貼ってあずける、みたいな。。。

とりあえず、ものは試しでカウンターで足元広い席に変更出来ないか聞いたら、
応えはno!

お金を払ってランクアップしなさいと。。

ちなみにさらに違うカウンターで試しにプレミアムエコノミーに変更の場合のプラス金額聞いたら、

1199DKKだって。。。

ユーロで聞いたのに、クローネで返してくるみたいな。。

手元のアイフォンで計算。

約、2諭吉くらい。。。

まあそりゃそうだよね。。

諦めてセキュリティーチェックに。

搭乗時間まで、時間があったから、

余ったクローネを免税店で使い切ろうと思って、お土産を物色する。。
なんか、お菓子とかいろいろ迷ったけど、とりあえず買って。。

何故か、イッタラのマグもお買い上げして。。

搭乗時間になったので、さぁ、ゲートへ向おうと、。

でました、、、、!


そういや、まだパスポートコントロール抜けてないじゃん!!

そこには長蛇の列。。。

が〜〜ん。。

これ、乗り遅れんじゃね。。。

出ました出ました。


ヨーロッパ間のLCCの移動の感覚があったから、忘れてた〜。もう一回、くぐるのー。。

なんとかパスポートコントロールを突破して、走る走る。。


これまたゲートが1番恥やんけ。。

まあまあ大げさに書きましたが、実際
離陸25分前に飛行機の中に入りましたが
結構これでも、俺的にはギリギリでマジで心臓バクバクものでしたよ。。

座席座席。。


出ました〜〜!!

諦めてたのに、、、、、!

またエコノミーの中間の区切りの1番前!!

宝くじは当たらないのに、行きも帰りも

足伸ばせるお席!!

なんとなんと。。

やはり空港は早く行くに限りますな。。

落ち着いて着席しますと、すぐに搭乗アナウンスが始まりまして、
帰りの飛行機のキャビンアテンダントは日本人の女性でして、離陸前のアナウンスを聞いて、久しぶりの日本語にホッとするみたいな。

あ〜〜これで日本に帰れる〜〜。。

これからはゲート前にも早く行くように改めます。。

きっと旅慣れてる人ほど、早めの行動なんだろうな。。

つーことで、帰りの便のドタバタ劇でした。。

コペンハーゲンよ!さらば!

コペンハーゲンの図書館!!

デンマーク王立図書館!!

通称 ブラックダイヤモンド。

別にベルリンだけ観光してたわけじゃありませんよ!!





アーキテクト関係は本当に北欧は素晴らしい。
ヘルシンキのアカデミア書店ともに素晴らしいです!
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ